WEB予約&ショッピングサービスのBondyをリリースしました。

WEBサイト制作、システム構築、Eコマース事業を行う株式会社UNIWORX(ユニワークス/東京都港区/代表取締役社長 小椋巧)は、株式会社SINGULIER(サンギュリエ/東京都西東京市/代表取締役社長 和泉裕臣)との共同開発で、WEB予約とショッピングサービスを通じた店舗と顧客との関係構築を中長期的に促進する店舗向けサービス『Bondy(ボンディ)』の提供を10月10日より開始しました。
料金は月額5,775円〜。今後一年間で300店舗の導入を見込んでいます。

新規顧客からリピート顧客への転換ができていない

クーポン付きのフリーペーパーや、初回割引ポイントがもらえる情報サイトなど、各種広告媒体が浸透し、広告費用をかけることにより新規顧客の来店促進を図る一方で、それらの媒体から来店した新規顧客が再来店する仕組みやきっかけが無く、多くの店舗が毎月多額の広告費用をかけて新規顧客の来店促進を続けているのが実情です。

「おもてなし」とコミュニケーション促進で店舗と顧客の絆醸成をお手伝い

そこで当社では、Facebookを利用して日本独自の文化として根付く「おもてなし」の心の伝達と、定期的・中長期的な顧客とのコミュニケーションによる再来店促進と店舗プロモーションを通じた店舗と顧客の「絆」醸成をお手伝いするサービスを開発しました。
Bondyの導入により、店舗自身による新規顧客獲得のプロモーションから、定期顧客化への施策を行うことができます。

1.店舗自身で作成したサービス、商品、スタッフページによるコンテンツ・マーケティング
2.Facebookアカウント連携による顧客とのコミュニケーションと顧客開発プロモーション
3.来店後の割引価格商品案内による特別感訴求による固定客化施策
Bondy利用イメージ


利用イメージ

このページの先頭へ